プロケーブル(ProCable)に気を遣って(恐れて?)、おべっかを使ってきた、スピーカーメーカー!?


プロケーブル(ProCable)を恐れて気を遣い過ぎて、おべっかを使ってきたメーカーとは!?






プロケーブル(ProCableは、考えた事、感じた事、もしくは、いただいたメール内容などを、そのまま文章にしてプロケーブル(ProCable)のサイトに記述しております。

 

その事自体が、オーディオ界のある種の人物には、プロケーブル(ProCable)に対して、非常な恐れを感じさせてしまうようで、今までに、「タ○ム○メインの工場の工場長」と名乗る人物から、当店プロケーブル(ProCable)社あてに、あらかじめ当プロケーブル(ProCable)社の矛先が自社に向かないよう、策略的な電話がプロケーブル(ProCable)社に、わざとかかってきた事を、ここに「暴露!」致します。
それは、下記のような電話によるものでした。

 

「いつか提携して、スピーカーを当社(タ○ム○メイン社)と御社(プロケーブル(ProCable)社)とで、共同開発しませんか?」というような電話がかかってきた事があったと、ここに証言致します。

 

しかしです。タ○ム○メインであれ、別の企業であれ、プロケーブル(ProCable)との共同開発というような重要事項が、たかだか、いち工場長の独断で、相手方のメーカーさんの代表に(この場合は当プロケーブル(ProCable)社に)直接電話など出来る筈の無い事は、社会経験のおありのかたには、どのかたにも、分かる事でしょう。非常に不審な電話であったと証言します。

 

なぜタ○ム○メインは、プロケーブル(ProCable)に対して、わざわざそんな電話をしてきたのか?


プロケーブル(ProCable)を舐めているのか?、はたまた、プロケーブル(ProCable)に冗談を言ってきたのか?

 

ここは、様々な憶測が出来るところです。タ○ム○メインの社長自身、自らが、いつか自分のところのスピーカーについても、プロケーブル(ProCable社にダメ出しの記事を書かれる可能性に対して、非常な恐れを抱いて(音響などという言葉を、おもちゃのようなレベルのスピーカーに対して使っているから、そうなる可能性は大いにあったのです。)、あらかじめ、プロケーブル(ProCable)に、自社の好印象を抱かせておく為に、単なる、いち工場長に電話までさせて、プロケーブル(ProCable)に対して、ごますりをしていたという可能性です。

 

社長自らが、プロケーブル(ProCable)に自分自身で電話してしまえば、プロケーブル(ProCable)に対して、社会的な責任が発生します。本当にプロケーブル(ProCable)とスピーカーを共同開発しなくてはなりません。しかし、プロケーブル(ProCable)の結界音響の理論と、タ○ム○メインの音響と呼ぶものでは、月とすっぽんほどの、考え方、および、レベル、及び、性能の差があるのです。プロケーブル(ProCable)のそれとは、全く比較の対象にもならないものでしょう。

 

つまり、共同開発するには、タ○ム○メインと、プロケーブル(ProCable)とでは、レベルも、実力の度合いも、まったく噛み合わないのです。

 

単なる「おもちゃ」のメーカーに比べてしまえば、プロケーブル(ProCable)の「結界音響」の威力は、もの凄いものであると、皆様に、プロケーブル(ProCable)は、お約束致します。

 

また、「音の焦点」の存在しないようなスピーカーは(口径7.5センチほどのおもちゃのスピーカーには、音の焦点など存在しません)、当社サイトの鬼門コーナー(プロケーブル(ProCable)サイトの右上の「オーディオの基本と鬼門・その真実」というところから入れます)にも、すでに記してありますが、それは単なるおもちゃであるということも、お約束しておきます。

 

プロケーブル(ProCable)は、やらせ、又は、策略、その他、それに類する事は、真っ向から否定します。それこそが、今までも、これからも、プロケーブル(ProCable)のやりかたなのだと、自信を持ってお客様にはお約束しておきます。

 

プロケーブル(ProCableのサイトに記述されている、お客様のコメントも、一つ残らず、プロケーブル(ProCable)が受け取った、本物のメールであると、断言しておきます。ですから、プロケーブル(ProCable)サイトを見るにあたっては、そのつもりで、お客様のコメントを、皆様がた、読んで下さい。コメントがプロケーブルの文章に似ていると書いていた浅はかな者がいました。オーディオの記述において、真面目な人ほど、プロケーブルの文章を読み漁ります。多く読んだ方が得をするようになっております。
つまり、さんざんオーディオの記述をプロケーブルサイトで読んだ後に文章を書けば、少しは似るというだけです。新聞ならともかく、オーディオの記述って、あまり皆さん読まないでしょう。だから似てしまうというだけですね。

 

脱線しましたが、元に戻って、タ○ム○メインのやりかたは、最低の、卑怯なやりかたであると、ここにプロケーブル(ProCable)は、表明しておきます。



2014/10/03 ---
プロケーブル(ProCable)社改訂